危険物とは? - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > お役立ち情報 > 危険物とは?

危険物とは?

今回は、危険物取扱者試験に関係のある「危険物」について見ていきましょう。

「危険物」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

それは、毒性のある物質や、ナイフなど鋭利なものかもしれません。

一般的に「危険物」という言葉を目にするのは、「飛行機の機内に持ち込めない危険物」とか、「郵便で送れない危険物」といった場合でしょう。

ただし、危険物取扱者に関係のある「危険物」は、これらと同じものではありません。

正確に言うと、約半分は正解で、残り半分は不正解です。

危険物取扱者における「危険物」とは、『消防法で定められている危険物』のことを言います。

具体的には、次の6種類が該当します。

第一類「酸化性固体」

第二類「可燃性固体」

第三類「自然発火性物質及び禁水性物質」

第四類「引火性液体」

第五類「自己反応性物質」

第六類「酸化性液体」

ここに掲げられているものは、全て固体又は液体です。

気体のものは含まれていません。

つまり、気体の「危険物」は、危険物取扱者における「危険物」に該当しません。

一方で、飛行機内に持ち込めない「危険物」としては、上記のものなどに加えて、救助用以外の酸素ボンベ、縁日の鉄板焼きで使うようなガスボンベなど気体も含まれています。

さらに、ナイフやカッターなどの凶器類も「危険物」とみなされ、機内への持ち込みは禁止されています。

このように、危険物取扱者の試験に関係のある「危険物」と、日常生活の中でよく使われる「危険物」は、その定義が異なります。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。