危険物取扱者の分類 - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > お役立ち情報 > 危険物取扱者の分類

危険物取扱者の分類

さて、危険物取扱者の分類についてお伝えしたいと思います。

危険物取扱者は、「甲種」「乙種」「丙種」の3つに大きく分類できます。

さらに乙種は「第1類」「第2類」「第3類」「第4類」「第5類」「第6類」の6種類に分類することができます。

危険物には、様々な種類がありますので、このように6つのカテゴリーに分類されているのです。

では、この6分類の性質について見ていきましょう。

・第1類は、酸化性固体です。

その物質自体は燃えないのですが、可燃物と混合した時に、熱などによって分解して激しく燃えるおそれのある固体です。

・第2類は、可燃性固体です。

火があると着火しやすい固体であったり、40℃未満の比較的低温でも引火しやすい固体で、燃える速度が速くて消火するのが困難な固体です。

・第3類は、自然発火性物質及び禁水性物質です。

空気に触れると自然に火が出るおそれがありったり、水と接触しても火が出たり、可燃性ガスが発生したりする物質です。

・第4類は、引火性液体です。

ある条件の時に火を近づければ火が付く液体です。

・第5類は、自己反応性物質です。

固体や液体をしており、熱を加えることによる分解などで、比較的低温で多量の熱を発生したり、爆発的に反応が進む物質です。

・第6類は、酸化性液体です。

そのもの自体は燃えないのですが、可燃物と混ざり合うと、その燃焼を促進させる性質を持っている液体です。

危険物取扱者の分類は、上記のように大きく「甲・乙・丙」の3分類、さらに乙は「第1類から第6類」の6分類となっています。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。