甲種危険物取扱者試験の受験資格 - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 甲種危険物 > 甲種危険物取扱者試験の受験資格

甲種危険物取扱者試験の受験資格

さて今回は、甲種危険物取扱者試験の受験資格について見ていきます。

危険物取扱者試験には、甲種・乙種・丙種があります。

このうち甲種危険物取扱者試験を受験する際、受験資格が必要になります。

なお、乙種と丙種の受験では、受験資格はありませんので、誰でも受験することができます。

甲種危険物取扱者試験の受験資格の対象者は次の4つです。

【1】大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者
具体的には、名称の一部に「化学」という文字が含まれる学科又は課程を修めて卒業した人が該当します。
ただし、ここで言う「化学」は理系分野の「化学」を指します。
ですから、「英語文化学科」「教育文化学科」などは該当しません。
他にも、一定の薬学系、工学系等の学科又は課程等を修めて卒業した人も受験資格があります。

【2】大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
具体的には、名称の一部に「化学」という文字が含まれる授業科目を15単位以上修得した人が該当します。
ただし、先ほど見た条件と同じで、「化学」は理系分野の「化学」を指します。
他にも、一定の工学系等の授業科目を15単位以上修得した人も受験資格があります。

【3】修士・博士の学位を有する者
具体的には、修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻した人が該当します。
なお、外国においてこれらに相当する学位を授与された人も含みます。
また、先ほど見た条件と同じで、「化学」は理系分野の「化学」を指します。
他にも、化学に関する事項としては、一定の薬学系、工学系等の学科又は課程等を含みます。

【4】乙種危険物取扱者免状を有する者
具体的には、乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物の製造所等で2年以上の危険物取り扱いの実務経験がある人が該当します。
この場合、当該免状を持っていても、実際に働くなど実務経験が無ければ、受験資格が満たされません。
また、乙種危険物取扱者免状の交付を受けている人で、次の4種類以上の免状を持っている人も該当します。
ア.第1類又は第6類
イ.第2類又は第4類
ウ.第3類
エ.第5類
この場合、実務経験は必要ありません。

この他の受験資格の詳細については、消防試験研究センターにお問い合わせください。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。