危険物乙2(第2類危険物の消火方法) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙2危険物 > 危険物乙2(第2類危険物の消火方法)

危険物乙2(第2類危険物の消火方法)

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は、危険物乙2試験に関わる、第2類危険物の消火方法について見ていきます。

第2類危険物は、「可燃性固体の性状を有するもの」です。

第2類危険物は、どちらかというと低い温度でも着火しやすい物質で、燃焼速度も速いものが多いです。

また、燃焼することで有毒ガスを出すものもあり、危険性が高い物質となっています。

ここで、第2類危険物に共通する消火方法について見ていくことにします。

・水と反応するものは乾燥砂などで窒息消火する。

水と接触して発火し、又は有毒ガスや可燃性ガスを発生させる物品は、乾燥砂などで窒息消火します。

例えば、アルミニウム粉などの金属粉は、水分と反応して発火します。

また、三硫化りんなどは、水と反応して硫化水素という猛毒ガスを発生させます。

こういった物品の消火には、乾燥砂を用いて、空気を遮断してあげる必要があるのです。

・水と反応しないものは水系の消火剤などで消火する。

先ほど見た金属粉など以外の赤りん、硫黄などの物品は、水、強化液、泡などの水系の消火剤を用いて、冷却消火します。

もちろん、乾燥砂などを用いて窒息消火することも可能です。

第2類危険物のうち赤りんなどは、一般に比重が1より大きく、水に溶けませんので、水系の消火方法を選択することもできるのです。

・引火性固体は泡などで窒息消火する。

引火性固体とは、メタノールやエタノールを凝固剤で固めた固形アルコールなどのことを言います。

固体ですが、可燃性蒸気が出ているので要注意です。

これらの火災には、泡、粉末、二酸化炭素、ハロゲン化物で窒息消火を行います。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。