危険物乙3(第3類危険物の特性) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙3危険物 > 危険物乙3(第3類危険物の特性)

危険物乙3(第3類危険物の特性)

ここでは、危険物乙3試験に関係している第3類危険物の特性について確認しましょう。

第3類危険物は、消防法別表第一に定められた物品で、自然発火性物質又は禁水性物質の性状を有するものです。

次のいずれかに該当するものが、自然発火性物質又は禁水性物質です。

①固体又は液体であって、空気中での発火の危険性を判断するための自然発火性試験において一定の性状を示す固体又は液体

②水と接触して発火し、若しくは可燃性ガスを発生する危険性を判断するための水との反応性試験において一定の性状を示す固体又は液体

要するに、空気中にさらしておいたら燃えるもの、水と混ざったら燃えるものです。

自然発火性物質又は禁水性物質には、カリウム、ナトリウム、黄りん、リチウム、カルシウムなどがあります。

カリウム、ナトリウム、カルシウムなどの金属元素は、私たちの体の中にあるものです。

「体の中に危険物があるの?」と思われるかもしれません。

しかし、体の中ではこれらは単体で存在せずに、イオンや化合物として存在しています。

ですから、自然に発火するようなことは有りません。

続いて、第3類の危険物の共通特性を見ていきましょう。

・空気又は水と接触することによって、直ちに危険性が生じる。

例えば、ナトリウムは水と激しく反応することで知られています。

水との反応は発熱反応で、水素を発生させ、水酸化ナトリウムが生成されます。

ナトリウムの塊を水の中に放り込むと、反応が一気に進んで爆発することもあります。

・ほとんどのものが、自然発火性及び禁水性の両方の危険性を有する。

黄りんは、自然発火性のみを有する物品です。

つまり、空気中での発火の危険性のみを有しているものになります。

また、リチウムは禁水性のみを有する物品です。

つまり、水と接触したときに発火したり、可燃性ガスを発生する危険があるのです。

しかし、第3類危険物では、こういったどちらか一方の性質だけを持っているものは稀で、先ほど見たナトリウムもそうですが、ほとんどのものが自然発火性及び禁水性の両方の性質を持っているのです。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。