危険物乙3(第3類危険物の消火方法) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙3危険物 > 危険物乙3(第3類危険物の消火方法)

危険物乙3(第3類危険物の消火方法)

さて、今回は、危険物の乙3試験に関係のある、第3類危険物の消火方法について見ていきます。

別のところでも見てきましたが、第3類危険物は、「自然発火性物質又は禁水性物質の性状を有するもの」です。

第3類危険物は、空気中に置いておくと酸化して発火したり、水と混ぜると反応して発火し、又は水素を発生させたりします。

物品名でいえば、カリウム、ナトリウム、黄りんなどが該当します。

ではここで、第3類危険物に共通する消火の方法について確認しましょう。

・すべての第3類危険物に共通の消火方法。

乾燥砂、膨張ひる石(バーミキュライト)、膨張真珠岩(パーライト)は、全ての第3類危険物の消火に使用することができます。

乾燥砂は、砂を乾燥させて水分を無くしたものです。

ひる石は、中国などで採れる鉱物ですが、これを高温で焼いて水分を飛ばし膨張させたものが、膨張ひる石です。

真珠岩は、ガラス質の火山岩であり、熱をかけて膨張させたものが、膨張真珠岩です。

・禁水性物質には水系消火薬剤は使用できない。

禁水性物質は、水と接触して発火し、又は水素など可燃性ガスを発生します。

通常の火災で消火剤としてよく利用されている水、泡などの水系の消火薬剤は使用できません。

ですから、このような物質の消火方法としては、炭酸水素塩類などを用いた粉末消火薬剤を使用します。

・自然発火性のみを有する物品は水系が使用できる。

第3類危険物のうち、自然発火性のみを有する物品としては、黄りんなどがあります。

このような物品の消火方法には、水、強化液、泡などの水系の消火薬剤を使用することができます。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。