危険物乙4(第4類危険物の特性その2) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第4類危険物の特性その2)

危険物乙4(第4類危険物の特性その2)

さて、今回も危険物乙4に関する第4類危険物の特性について見ていきます。

別の記事で、第4類危険物の共通特性として、引火性の液体であることを述べました。

その他にも、第4類危険物の共通特性がありますので、ご紹介いたします。

・蒸気比重が1より大きい。

第4類危険物の蒸気は、空気よりも重たいので低所に溜まりやすいのです。

この特性によって、次のような火災事故が起こりえます。

例えば、2階建て建屋の2階部分で、第4類危険物のアセトンを、開放された容器に入れて取り扱っていたとします。

そして、1階部分では、工事業者が溶接作業をしていたとします。

この場合、2階からアセトン蒸気が、低所である1階に到達し、溶接の火花に引火する危険性があります。

さらに、引火した火が2階のアセトン容器まで一瞬で伝わり、爆発するかもしれません。

・液比重が1より小さく、水に溶けないものが多い。

ほとんどの第4類危険物が、水より軽いため、水の上に浮きます。

さらに、アルコール類など一部のものを除いて、水に溶けません。

料理に使う油と水のような関係で、第4類危険物が水に混ざることなく、水に浮くのです。

ですから、事故などが起こり流出・火災が発生した時に水を含むと、第4類危険物の液の面積が一気に大きくなり、火災の範囲が広がり大変危険です。

・電気を通しにくい。

第4類危険物は、電気を通しにくい物体です。

これを不良導体と言います。

不良導体には、摩擦などによって発生した静電気が、溜まりやすいという特性があります。

溜まった静電気が放電するとき、その火花で第4類危険物に引火することがあるので注意が必要です。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。