危険物乙4(特殊引火物:酸化プロピレン) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(特殊引火物:酸化プロピレン)

危険物乙4(特殊引火物:酸化プロピレン)

ご訪問いただきましてありがとうございます。

さて今回は、危険物乙4試験に関する特殊引火物の酸化プロピレンについて見ていきましょう。

酸化プロピレンは、第4類危険物の中の特殊引火物のひとつです。

酸化プロピレンは、そのまま使用されるよりも、他の化学物質の原料として使用されることが多い物質です。

主に、ポリウレタン樹脂の原料としての用途があります。

ちなみに、ポリウレタン樹脂は、車のシート、スニーカー等のクッション、建築用の断熱材、塗料・接着剤など様々な分野で用いられます。

そんな、酸化プロピレンの性質ですが、引火点が-37℃、沸点が35℃と、特殊引火物の条件を満たしています。

特殊引火物の条件の一つに、「1気圧において引火点が-20℃以下、沸点が40℃以下」というのがありました。

燃焼範囲は、他の特殊引火物(アセトアルデヒド等)に比べて狭く2.3~36vol%ですが、それでも十分範囲が広いので注意が必要です。

また、酸化プロピレンは、塩基や銅等の金属などの影響により、重合が進み、その際発生した熱で火災、爆発の危険性があります。

非常に引火しやすいので、火気を近づけないのはもちろんのこと、貯蔵・取り扱い場所では通風をよくしましょう。

また、貯蔵するときは、窒素ガスなどの不活性気体を封入します。

不活性気体は、他の物質と化学反応が起きにくい気体で、窒素ガスが安価なのでよく使われています。

これによって、不用意に爆発性の気体を作らないようにするのです。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。