危険物乙4(第一石油類:ガソリン) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第一石油類:ガソリン)

危険物乙4(第一石油類:ガソリン)

今回は、危険物乙4に関する第一石油類であるガソリンについて見ていきましょう。

危険物乙4試験においては、第4類危険物について出題されます。

そんな第4類危険物のひとつに、第一石油類があります。

第一石油類とは、1気圧において21℃未満のものを言います。

つまり、夏の季節に第一石油類に火を近付けたら、確実に燃焼するものが該当します。

もちろん、冬の季節でも、火を近付けたら燃え上がるものもあります。

例えば、ガソリンです。

ガソリンの引火点は、-40℃以下で、極めて低くなっています。

JISによるとガソリンには、自動車ガソリン、工業ガソリン、航空ガソリンの3種類に分けられます。

第4類危険物に該当するのは、自動車ガソリンと工業ガソリン(一部を除く)の2種類です。

ガソリンは通常無色なのですが、灯油、軽油と区別するために、オレンジ色に着色されています。

これは、灯油ストーブなどに、間違えてガソリンを入れてしまわないようにするための工夫です。

灯油ストーブにガソリンを入れて着火すると、あっという間に火柱が立ち、一般家庭での初期消火は不可能です。

さて、ガソリンの性質ですが、燃焼範囲は1.4~7.6vol%と爆発下限界が小さいのが特徴です。

これは、ガソリンがとても引火しやすい物質であることを指しています。

また、ガソリンの蒸気は空気より約3~4倍重いので、低所に滞留しやすく、注意が必要になります。

やはり、換気や通風をよくして、ガソリンを取り扱わなければなりません。

それから、電気の不良導体なので、静電気を発生しやすく、その放電火花で火災が起こることも考えられます。

ですから、ガソリンスタンドの給油ホースの中をガソリンが流れる場合などは、アース(接地)をして静電気の蓄積を防止してあります。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。