危険物乙4(第一石油類:ピリジン) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第一石油類:ピリジン)

危険物乙4(第一石油類:ピリジン)

いつもお読みいただきありがとうございます。

危険物乙4に関する第一石油類であるピリジンについて確認していきましょう。

ピリジンは、第4類危険物の中でも第一石油類(水溶性液体)に分類できます。

ピリジンは、抗菌剤の原料になるほか、医薬品合成の溶剤などとして使用されています。

ちなみに抗菌剤とは、細菌を増やさないようにする、又は死滅させてしまう薬剤のことです。

無色の液体ですが、独特の悪臭を持ちます。

ピリジンには毒性があり、長期間の蒸気のばく露による肝臓、腎臓、神経系の障害が見られます。

また、男性生殖器への悪影響が認められる部分もあり、私が働いていた事業場では「男はピリジンの臭いを嗅ぐな!」と言われていました。

ピリジンの性質ですが、引火点は20℃、燃焼範囲は1.8~12.4vol%となっています。

発火点は482℃ですが、かつて発火事故も起こっています。

ある工程で、酸化クロムとピリジンを合成中に、ピリジンに一気にたくさんの酸化クロムを加えました。

すると、急激に発熱し、その熱によりピリジンが発火・火災が起こりました。

ピリジンによる火災は、水を噴霧にして用いれば冷却と希釈効果で消火できます。

また、水溶性液体なので、通常の泡消火剤は有効ではありません。

耐アルコール泡の消火剤等を使用しましょう。

火災を防止するためには、火気を近付けない、直射日光をさけて冷暗所に貯蔵することなどが重要です。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。