危険物乙4(第二石油類:灯油) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第二石油類:灯油)

危険物乙4(第二石油類:灯油)

今回は、危険物乙4に関する第二石油類(非水溶性液体)である灯油について見ていきましょう。

危険物乙4の試験では、第4類危険物について問題が出されます。

第4類危険物には、第一石油類、第二石油類、第三石油類などの品名が掲げられています。

このうち第二石油類は、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものを言います。

また、第二石油類には、非水溶性液体と水溶性液体があります。

ちなみに、水溶性液体は、1気圧で温度が20℃のとき、同じ容量の純水と軽くかき混ぜた場合、流体の移動が落ち着いた後もその混合液が均一な外観を維持するものをいいます。

つまり、水に入れてかき混ぜたら、分離されることなく混ざったままのものが水溶性液体なのです。

そして、水溶性液体以外のものが、非水溶性液体となります。

それでは、第二石油類の非水溶性液体のひとつ、灯油の性状を見ていきます。

消防法上における灯油は、JISに適合するものを言います。

灯油は無色、又は淡い黄色をしている液体で、主に燃料として使用されます。

家庭では、石油ファンヒーターなどの暖房器具の燃料となるのが一般的です。

その性質は、引火点40℃以上(市販のものは45~55℃)、蒸気比重4.5で、水には不溶です。

引火点40℃以上となっていますので、冬場に灯油を使う時、そのままでは火が付きません。

ですから、各種暖房器具で強制的に気化させ、着火源を近付けるなどして灯油を燃焼させます。

また、灯油が燃焼すると、少なからず、一酸化炭素が発生します。

一酸化炭素は、人体に有害で、酸素を運ぶヘモグロビンと強く結合します。

高濃度の一酸化炭素を吸い込むと、窒息して死に至るのです。

今までに家庭でもたくさんの死亡事故が起こっていますので、灯油を燃焼させる場合は、適宜換気を行う必要があります。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。