危険物乙4(第三石油類:重油) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第三石油類:重油)

危険物乙4(第三石油類:重油)

毎度ご精読いただきありがとうございます。

今回は、危険物乙4に関係のある第三石油類の重油について確認していきましょう。

重油は、消防法において、第4類危険物の第三石油類(非水溶性)に掲げられています。

重油は、原油の常圧蒸留によって得られる石油製品の一つです。

重油には、1種(A重油)、2種(B重油)、及び3種(C重油)があり、動粘度などいくつかの基準で分類されています。

その用途は、暖房用のボイラーや、船舶用ディーゼルエンジンなどの燃料油です。

重油には、不純物として硫黄成分が微量に含まれています。

硫黄は燃えると有害な二酸化硫黄(SO2)ガスになります。

二酸化硫黄ガスは、酸性雨など環境破壊の原因となるため、燃料として使用するなら低硫黄の重油を選択することが求められています。

重油の形状は、褐色又は暗褐色で、粘り気があります。

比重は0.9~1.0で、水より少し軽く、水には溶けません。

引火点は製品によって異なりますが、60~150℃です。

加熱しなければ引火する危険は少ないのですが、ミスト(霧)になると引火点以下でも火が付くおそれがあります。

一旦火が付いてしまうと、燃焼温度が高いため消火が困難になります。

火災を起こさないためには、火気を近付けないこと、容器は密栓することなどが大切です。

小規模火災の消火の方法としては、泡、ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末により窒息消火します。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。