危険物乙4(第四石油類:ギヤー油、シリンダー油など) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(第四石油類:ギヤー油、シリンダー油など)

危険物乙4(第四石油類:ギヤー油、シリンダー油など)

ご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

さて今回は、危険物乙4の試験と関係が深い、第四石油類のギヤー油やシリンダー油などについて確認していきましょう。

消防法における第四石油類は、次のものとされています。

「ギヤー油、シリンダー油その他一気圧において引火点が200℃以上250℃未満のもの」

第四石油類には、ギヤー油、シリンダー油などの「潤滑油」と、製造業などで素材を柔軟にするために用いられる「可塑剤」があります。

ギヤーとは歯車のことで、ギヤーの摩耗などを減少させる目的でギヤー油が用いられます。

また、シリンダーはエンジンなどで動力を作りだす筒状の部分です。

シリンダー油も、シリンダーの摩擦や摩耗を低減させる目的で用いられます。

さて、潤滑油ですがいくつか種類があります。

石油系潤滑油、合成潤滑油、脂肪油などです。

このうち石油系潤滑油である絶縁油、タービン油、マシン油、切削油等が最もよく利用されています。

続いて、可塑剤について少し見ていきましょう。

可塑剤は、プラスチック、合成ゴム等の高分子物質に添加するものです。

その用途に応じてフタル酸エステル、リン酸エステル、脂肪酸エステル等の化合物が用いられています。

可塑剤を加えると、それらに可塑性(軟らかくなる性質)が与えられます。

可塑性があると、製品の加工がしやすくなったり、壊れにくくなったりします。

さてそんな第四石油類の形状ですが、一般に水に溶けません。

また、粘り気が大きく、水よりも軽いものが多いという特徴があります。

危険性としては、引火点が高く蒸発性がほとんどないため、加熱しない限り引火するおそれはないのですが、いったん火災になると、液温が非常に高くなります。

このため、水系の消火薬剤を使用してしまうと、水分が沸騰・蒸発し、消火が困難となる場合があるので、使用には注意を要します。

消火の方法としては、泡、ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末により窒息消火します。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。