危険物乙4(動植物油類) - 危険物乙4の講習・通信講座

危険物乙4の講習・通信講座ならお任せ下さい。

トップページ > 乙4危険物 > 危険物乙4(動植物油類)

危険物乙4(動植物油類)

さて今回は、危険物乙4試験に関係のある、動植物油類について見ていきます。

動植物油類は、消防法において次のように定められています。

「動植物油類とは、動物の脂肉等又は植物の種子もしくは果肉から抽出したものであって、1気圧において引火点が250℃未満のものをいう。」

ただし、一定の基準のタンク又は容器に常温で貯蔵・保管されているものは、動植物油類から除外されます。

動物の脂肉等としては魚油、鯨油、ラード(豚の脂)などがあります。

また、植物性のものとしては、アマニ油、ゴマ油、ナタネ油、オリーブ油などがあります。

なお、これら全てが、引火点250℃未満のものではありません。

例えば、引火点はゴマ油であれば280℃くらい、ナタネ油であれば320℃くらいです。

続いて、動植物油類の性質を見ていきましょう。

一般的に比重は水よりも小さく約0.9で、水には溶けません。

蒸発しにくく、引火もしにくいのですが、一旦火災になると液温が高くなって消火が困難になります。

また、可燃性なので、布などに染み込んだものは、酸化、発熱し自然発火するものもあります。

さて、自然発火という単語が出てきましたが、動植物油類の試験問題において、キーワードとなります。

油が空気中で酸化されると、この反応で熱が発生します。

酸化することで発生する熱を、酸化熱といいます。

動植物油類の自然発火は、この酸化熱の蓄積により、発火点に達することで起こります。

油は、乾きやすい油である「乾性油」、比較的乾きにくい油の「不乾性油」、その中間くらいの乾きやすさの「半乾性油」などに分けられます。

自然発火は一般に、乾性油ほど起こりやすくなっています。

なお、この乾きやすさを、油脂100gに吸収するよう素のグラム数で表したものをよう素価といいます。

不飽和脂肪酸(炭素の二重結合などがあるもの)が多いほど、よう素価が大きく、よう素価が大きいほど自然発火しやすくなるのです。

つまり、乾性油はよう素価が大きく、不乾性油はよう素価が小さいということになります。

乾性油にはアマニ油、キリ油など、半乾性油にはゴマ油、ナタネ油など、不乾性油にはツバキ油、オリーブ油などがあります。

もし、動植物油類火災が起こったら、泡、ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末によって窒息消火します。


試験対策講習の詳細 ホームスタディ講座の詳細

電話申込み

受付時間中でも、担当者不在のため自動音声につながる事がございます。
その場合お客様のお名前と、お電話番号をお伝えください。
折り返して、お電話差し上げます。

PageTop

合格率診断
メールマガジン登録

メニュー

運営元

資格合格実践会へようこそ

講師

はじめまして。
講師の奥田真史です。
危険物取扱者の講習・通信講座なら私にお任せ下さい!
合格まで徹底サポートいたします!
また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください。
私が対応いたします。

講師プロフィール

カレンダー
お支払いと配送について



資格合格実践会

住所:〒631-0817
奈良県奈良市西大寺北町3-4-21-106号
電話:0742-93-4303



 

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。